賭ケグルイ

賭ケグルイ season 2

MBS 3/31 sun 毎週日曜24:50 TBS 4/2 tue 毎週火曜25:28 START
NETFLIXにて独占配信中!
2019年8月2日(金)Blu-ray&DVD発売
生徒会の支配力が揺らぐ時、蛇喰夢子<じゃばみゆめこ>のギャンブルロード第二章が始まる!

ストーリー

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
第1話

会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)を頂点とし、絶対的権力で私立百花王学園を牛耳る生徒会は、ひとりの転入生の存在に揺れていた。彼女の名は蛇喰夢子(浜辺美波)。転入早々、ギャンブルで生徒会役員を次々と撃破、学園の勢力図を塗り替えようとしていた。危機を感じた生徒会は夢子を排除する策を講じなければならなかった。会計・豆生田楓(中川大志)は、ある役員を夢子への次の刺客に指名する。彼女の名は夢見弖ユメミ(松村沙友理)。生徒会広報にしてアイドルとして活動する学園の人気者だ。全国ツアーから帰ってきたユメミに沸く男子生徒たち。その中には鈴井涼太(高杉真宙)の姿も。そして、ユメミの特別ライブ開催当日、鈴井と早乙女芽亜里(森川葵)のもとに、かつて夢子に敗北し、今では夢子に取り入ろうとしている元生徒会役員の皇伊月(松田るか)が、ファンクラブ以外入手困難なチケットを持ってやってくる。チケットは夢子に頼まれたのだという。だが、会場には当の夢子の姿はなかった。熱狂のライブが終盤に差し掛かった頃、ユメミがひとりの少女をステージに呼び込む。なんと、そこには夢子の姿が―。

第2話

夢子(浜辺美波)とユメミ(松村沙友理)の対決は、その名も、「一流アイドル決定戦 バトっていいとも!」。あっけにとられる鈴井(高杉真宙)と芽亜里(森川葵)をよそに、会場のボルテージは最高潮に。どちらがアイドルにふさわしいかを競う、一見すると楽しげなこのゲームには恐ろしい裏があった。ファンへの神対応で知られるユメミだが、実は彼女はファンを金づるとしか考えておらず、アカデミー賞を受賞するという自身の夢の踏み台としか見ていなかった。それを知った夢子は、楽屋でファンを罵倒するユメミの発言を録音、ギャンブルで自分が勝ったらその音源を公開すると提案。それに対してユメミは、自分が勝ったら夢子をアイドルにし、闇サイトに売り飛ばすという条件を掲げる。こうして、人生を賭けたギャンブル対決の火蓋が切って落とされる。「歌唱力対決」「心肺機能チェック」「イントロクイズ」など、アイドルの素養を試すゲームが展開され、夢子とユメミは一進一退の攻防を繰り広げるように見えたのだが―。

第3話

「一流アイドル決定戦 バトっていいとも!」の最終戦、「利きファンゲーム」。会場にいるファンの誕生月をあてるこのゲームは、圧倒的にユメミ(松村沙友理)に有利なものだった。なぜなら、会場にいるのは、全員がユメミのファンクラブ会員で、彼女は会員すべての誕生月を暗記していたのだ。勝利を確信していたユメミだったが、なんと彼女が引き当てたのは芽亜里(森川葵)。芽亜里のことを知らないユメミは当然、誕生月を知る由もない。
これを夢子(浜辺美波)が仕掛けた罠だと考えたユメミは、夢子に心理戦を挑もうとするが・・・。遂に決着を迎える夢子VSユメミによる「バトっていいとも!」。勝負の結末は思わぬ展開を見せる。そして、夢子と生徒会をめぐる新たな戦いの火蓋も切って落とされようとしていた―。

第4話

ユメミ(松村沙友理)を陥れた真犯人、豆生田(中川大志)に対して、夢子は公式戦を申し込む。予想外の展開に驚愕する豆生田、観客席の鈴井(高杉真宙)、芽亜里(森川葵)、そして、夢子を生徒会長にするため、夢子VS会長の公式戦を望んでいた皇(松田るか)は激しく動揺する。公式戦は家畜に与えられた唯一の権利で、挑まれた者に拒否権はない。こうして、夢子と豆生田のギャンブルバトルが始まった。公式戦に選ばれたゲームは「選択(チョイス)ポーカー」。ジョーカーを除いた52枚のカードでおこなうポーカーで5枚の手札を一度きりチェンジし、役の優劣を競う。ただし、このポーカーにはフォールもコールもなく、ベットとレイズのみ。そして、賭け金は“無限”。より多く金を積んだ者に選択の権利が与えられる。つまりは大金を持つプレイヤーが圧倒的優位に立つゲームだ。そして、豆生田が最初に購入したチップはなんと10億円分。生徒会の会計として、莫大な資金を動かす豆生田に、夢子が勝てる可能性は皆無に思われたが・・・。

映像

予告映像

  • 予告編
  • 第2話
  • 第3話
  • 第3話

オープニング映像

  • 第1話
  • 第2話おまけver
  • 第3話 前半
  • 第3話 後半